ピーリング石鹸使用上の注意点

ピーリング石鹸使用上の注意点

ピーリング石鹸トップ > 基礎知識 > ピーリング石鹸使用上の注意点

泡で優しく洗わなきゃダメ!

ピーリング石鹸の使い方でも説明しましたが、ピーリング石鹸は泡立てネット等を使ってしっかりと泡立ててから使います。
指や手で顔をゴシゴシするのはもってのほか。泡で触れるようにして優しく指の腹と泡で洗います。

最近ピーリングジェルなどが出ていますが、ゴシゴシやっても肌が傷つくだけでピーリング効果が高まるわけでもないですし汚れが取れやすくなることもないので、基本的にピーリングの効果を期待するならピーリング石鹸がベストなんですね。

ピーリング石鹸を使った洗顔は間隔を空けて

まずは週に1回程度から使い始めましょう。いきなり毎日使うのは肌への刺激がどのように反応するかわからないためお薦めできません。

ピーリング石鹸を何度も使えば効果が大きいというのは間違っていて、洗いすぎると皮膚の潤いを保持するのに必要な最低限の皮脂まで失われてしまいます。
肌を保護する生来のバリア機能が低下し、かえって肌トラブルを招く危険性があります。

慣れてきたら1日おきくらいで使い、ピーリング濃度がそんなに高くないものであれば毎日使っても大丈夫です。

無理して泡を放置しないようにしてください

ピーリング石鹸は洗顔後、泡を顔に体に乗せたまま放置するとよりピーリング効果が期待できます。ピリピリと感じたら角質がとれてきている証拠です。優しく洗い流しましょう。

口元、目元は肌が弱くピリピリとして刺激を受けやすいので泡をつけるのは避けたほうがいいでしょう。

ピーリング石鹸での洗顔後は肌がとても弱くなっています。
日焼けは必ず避け、化粧水や保湿などで十分肌をいたわってあげましょう。

続いて肌別の詳しいピーリング石鹸の使い方を解説します。
ハイドロキノール
ティートゥリー
くすみを取ってシミまで薄くするハイドロキノン配合美白ピーリング石鹸
スキンピールバー
ティートゥリー
ティートゥリーオイル配合でピーリングしながらニキビ予防できます。
ドクターサニー
ドクターサニー
AHA5%でこの価格!一番売れてるピーリング石鹸、3セット(送料無料)
 1個はこちら。

ピーリング石鹸の基礎知識

お薦めピーリング石鹸

ピーリング石鹸の効果

口コミ一覧

体験レポート

大人ニキビ対策