ピーリング石鹸の種類

ピーリング石鹸の種類

ピーリング石鹸トップ > 基礎知識 > ピーリング石鹸の種類

AHA(アルファヒドロキシ酸)

ピーリング石鹸に使われている、AHAはαヒドロキシ酸の略称で、リンゴ酸、クエン酸、乳酸、グリコール酸などがAHAに分類されています。AHAは果物に含まれるのでフルーツ酸とも呼ばれています。実際にはフルーツ酸という酸はなく、総称であることはあまり知られていません。

多くの場合ピーリング効果が期待できるのがグリコール酸です。数あるピーリング石鹸の種類の中でも多くが採用しています。
ピーリングの種類ごとに酸の強さを並べると、

  1. グリコール酸
  2. 乳酸
  3. クエン酸、リンゴ酸

の順になります。

⇒AHAの詳しい情報は『AHAとは』を御覧ください。

BHA(ベータヒドロキシ酸)

サリチル酸がBHAに分類されます。油性の酸で、皮脂の詰まった毛穴にも有効に使えます。肌荒れしにくいというメリットもあり、最近では医療ピーリングでBHAを使用するところも出てきています。

ただし日本では薬事法によって化粧品にBHAは0.2%しか配合できないので、ピーリング石鹸としてのBHAの恩恵はほぼないといってもよいでしょう。BHAは最低でも5%以上は必要とされています。

酸の強さの調べ方、使い方

5%のドクターサニーのピーリング石鹸から、1%のアイナソープ100まで、そのレベルはいろいろあります。
肌が弱い方はアイナソープ100を使ってみてください。最近では敏感肌用に低酸性の新しいピーリング石鹸が各ブランドより発売されているので、そこから試すのがベターです。

敏感肌から脂性肌の方まで、肌別のピーリング石鹸の選び方と使い方はこらちで詳しく解説しています。
⇒『肌別のピーリング石鹸の使い方

強めのピーリング石鹸はこうして使えます

洗顔以外にも、グリコール酸が強いものはボディケアとしても使えます。腕や脚、おしりにも手軽に使えてスベスベのツルツルお肌になりますよ。
ボディに使うときも、タオルでゴシゴシ洗わず、泡だけで体を洗うようにしましょう。

ハイドロキノール
ティートゥリー
くすみを取ってシミまで薄くするハイドロキノン配合美白ピーリング石鹸
スキンピールバー
ティートゥリー
ティートゥリーオイル配合でピーリングしながらニキビ予防できます。
ドクターサニー
ドクターサニー
AHA5%でこの価格!一番売れてるピーリング石鹸、3セット(送料無料)
 1個はこちら。

ピーリング石鹸の基礎知識

お薦めピーリング石鹸

ピーリング石鹸の効果

口コミ一覧

体験レポート

大人ニキビ対策