年代別 お肌の状態

年代別 お肌の状態

ピーリング石鹸トップ > スキンケアコラム > 年代別 お肌の状態

20代前半の肌

20代前半は生活習慣が乱れていると肌年齢は実年齢よりもあがり、状態も悪くなりますが、一般的には角質は潤いを保ち、コラーゲンもたっぷりでしっかりとした弾力を維持しています。
まともな生活をしていれば大きな肌トラブルはあまり意識しなくても良いはずです。

ただし肌の老化は始まっています。特にUVケアは必ず徹底してください。
紫外線は日焼けして皮がむけていけば終わりというわけではなく、日々蓄積していきます。ある日突然シミとなって紫外線の影響が出てくるのです。

また、20代前半はターンオーバーがまだ正常に機能していますが、不摂生な生活をしているとターンオーバーの28日周期が狂い始めます。肌の状態がいつもと違うと思ったら、生活習慣を改めて、ピーリング石鹸でターンオーバーを整えましょう。

20代後半の肌

20代半ばから肌を若々しく保つホルモンである、エストロゲンが低下し始めます。
エストロゲンが低下すると肌の老化が進み、シワや毛穴の開きが出てきます。
さらに仕事もハードにこなす20代後半の女性の場合、生活が不規則になりがちです。それだけでも肌荒れや大人ニキビのターゲットになりやすいのですが、ストレスによりエストロゲンが低下し、肌の状態はまさに負のスパイラルに陥ります。

ニキビ(にきび)やニキビ跡・毛穴の開き・美白・肌荒れにフラーレン配合化粧水:GFローション50【ペレインターナショナル】生活習慣は必ず意識するようにして、ビタミンC誘導体の化粧水を使ったり、ピーリング石鹸で狂ったターンオーバーのサイクルを正常化させるなどのケアも必要になってきます。
お薦めのビタミンC誘導体はGFローション50です。

30代の肌

30代はターンオーバーの周期が崩れてきます。角質が厚くなり肌がくすんで見えます。
スキンピールバー ハイドロキノールはくすみを解消する成分『ハイドロキノン』が配合されたピーリング石鹸ですので、厚くなって残ってしまった角質をピーリング成分が除去し、『ハイドロキノン』によってくすみを解消していくことができます。
特に30代からは多くの人に老化が感じられるようになります。
30代からのスキンケアではピーリング石鹸による見た目の老化を防ぐことが特に大切になる時期です。

40代の肌

シミやくすみ・毛穴の開き・ニキビ跡(にきび痕)にフラーレン配合化粧水:GFローション100【ペレインターナショナル】40代は今まで蓄積してきた紫外線のダメージが現れ始め、さらに老化によるシワなどが目立ち始めます。さらに肌のターンオーバーはなかなか正常化するのは難しくなってきます。
基本的にはピーリング石鹸によるムダな角質を取り除いて健康的な肌のターンオーバーを正常に保ちましょう。特にお薦めなピーリング石鹸はアイナソープ400です。グリコール酸が4%含まれているのにピリピリ感は少なく、ピーリング効果もしっかりと実感できるでしょう。

40代で目立つシワは早めの対処も大切です。特にレチノールが配合された化粧品がお薦めです。GFローション100は30代のところでお薦めしたGFローション50の倍のビタミンC誘導体が配合されていて、さらにレチノール配合によりコラーゲン生成を促進したりする働きがあります。
30代から40代はこちらから肌を改善していくための働きかけがとても大切になります。
日々のケアは入念に。生活習慣も整えていきましょう。

ハイドロキノール
ティートゥリー
くすみを取ってシミまで薄くするハイドロキノン配合美白ピーリング石鹸
スキンピールバー
ティートゥリー
ティートゥリーオイル配合でピーリングしながらニキビ予防できます。
ドクターサニー
ドクターサニー
AHA5%でこの価格!一番売れてるピーリング石鹸、3セット(送料無料)
 1個はこちら。

ピーリング石鹸の基礎知識

お薦めピーリング石鹸

ピーリング石鹸の効果

口コミ一覧

体験レポート

大人ニキビ対策